REGAIN

シークレット情報はLINE@で!

友だち追加

ico

【3分で仮想通貨】マカフィーの超安全ウォレットがハッキングに合う

投稿日:

Pocket

記事はコチラ⇒https://cripcy.jp/
仮想通貨業界ではお騒がせ人物として有名なジョン・マカフィー氏が、「超安全」という謳い文句と共に仮想通貨ハードウォレット「Bitfi Wallet」をリリースしたのが今年の6月。
その後、「Biftiをハッキングできたら高額な賞金を出す」という挑戦状付きの報酬プログラムを実施し、その安全性を証明しようとしたことは記憶に新しいと思います。

以前その報酬プログラムで、15歳の天才ハッカーによるハッキング映像が話題を呼びましたが、当の人物は報酬を受け取らず、本当にハッキングできていたのかは明らかになっていません。

しかし、8月12日、とある研究グループが今度こそBiftiのハッキングに成功したと主張していることがNext Webの報道により明らかになりました。

研究者らは、①デバイスを改造、②Biftiのサーバーに接続、③デバイスから極秘データを送信する、という報酬プログラムの条件を満たした状態でBiftiを使って“著名済み”トランザクションを送信できたと主張。
セキュリティー研究家Andrew Tierney氏によると、2週間前の時点でアクセスが完了し、その後、ウォレットから送信されるデータも含め詳細に追跡していたそうです。
また、現在もハッキングされたデバイスはBitfiのサーバーと繋がっており、データ傍受を起こしている恐れがあると報告されています。

今月初め、BiftiのCEOであるDaniel Keshin氏はコインテレグラフで、
「現時点で、Biftiがハッキング可能だと誰も証明できていません。
もし誰かがそれに成功したとしたら、私たちはすぐに、発覚したその脆弱性に対処するために全てのデバイスを修理し、Biftiは再びハッキングできなくなるでしょう。」
とコメントしていたため、今回のニュースは非常に驚いたことでしょう。

前回ハッキングが成功したと主張した少年に対しマカフィー氏は、条件を満たしていないため成功していないという判断を下しました。
様々な議論がなされましたが、それ以降もハッキングの成功者だと名乗る人は現れていません。
もしマカフィー氏が今回のハッキングを認めれば、研究グループが初めて約1100万円の賞金を手にすることになります。

仮想通貨の最新情報から小ネタまで幅広く扱う
仮想通貨の総合情報サイト『CRIPCY』のYouTubeチャンネルです。

初心者から上級者まで為になる、ICOや市場動向の最新NEWSを5分の動画でお届けいたします!
--------------------------------
☆毎日更新中☆
ぜひサイトもチェックしてみてください。
https://cripcy.jp/

以上
仮想通貨まとめサイトの「いまさら聞けない仮想通貨」
がお届けしました。

LINE@でシークレット情報や、
仮想通貨の考え方、
仮想通貨以外の稼ぎ情報もお送りしていますので、
下のLINE友達追加ボタンから、登録お願いします!

シークレット情報はLINE@で!

友だち追加

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

##注目の仮想通貨業者ランキング!!##

仮想通貨積み立てで億り人に!Zaif

Pocket

Zaif(ザイフ)は2015年3月4日に設立された仮想通貨の取引所で、日本のテックビューロ株式会社が運営をしています。

Zaifは近畿財務局における仮想通貨交換業者としての登録(登録番号00002号)を完了し、正式な仮想通貨交換所です。

仮想通貨は、bitcoin(ビットコイン)/BTCや、NEM(ネム)/XEMや、日本産の暗号通貨モナコインの取り扱いもあります。

あの「ホリエモン」が監修した取引所としても有名です。

もともとは取引所ではなく、「ウォレットサービス」として登場しましたが、その後Etwingsという会社を買収して、取引所として新たに生まれ変わったのがZaifです。

一番の魅力といえば何と言っても取引手数料がマイナスになるところでしょう!
手数料を取られるどころか、戻って来るんですね。すごいです。

但し、取引手数料がマイナスになるのは、本確認を行わなければなりません。
運転免許証などがあれば、本人確認できますので、口座開設したら
すぐに、本人確認しておきましょう!!

Pocket

ビットコイン取引量国内No.1 ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
Pocket

2014年1月に設立されました。2015年1月にはリクルートやGMOのファンドから約1億3千万、8月には三菱UFJキャピタル、電通デジタル・ホールディングスなどから約5億1千万円、2016年4月にはSBIインベストメントなどから約30億円の資金調達を行うなど、日本のビットコイン関連会社の中では最も資金力のある企業といえます。

販売所形式がメインでしたが、2015年7月には取引所もオープンしています。国内取引所としてはいち早くマルチシグネチャを導入するなど、豊富な資金力を活かしてセキュリティ関連に最も力を入れているのが特徴です。

取引所以外にもビットコイン・クラウドファンディングのfundFlyer、ブロックエクスプローラーのchainFlyer、決済サービスのbitWire等様々なビットコイン関連サービスを提供しているほか独自のブロックチェーン技術の開発なども行っています。

Pocket

アルトコインならBinance(バイナンス)

Pocket

あまり日本では知られていませんが、 「Binance(バイナンス)」は
中国発の仮想通貨取引所で 世界最大の取引高を記録するほどの規模なんです。
オススメする理由が沢山あります。

①扱っている仮想通貨が豊富  
 日本で、多くても十数種類なのに対し、バイナンスは約7倍の通貨(約90種)

②超格安な取引手数料  手数料は基本、0.1%

③ICOプラットフォームがあり、
 有望なコインに早期に投資して数百倍のリターンを
 得られる可能性があります。

こんなお得な取引所は日本にはありません!

Pocket

-ico

Copyright© いまさら聞けない仮想通貨 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.